• DELI MENU
  • OBENTO MENU
  • CATERING
  • SHOP
  • NET SHOP

旬の食材でひんやり手足とカサカサ肌にサヨナラ!ポイントは食材の食べ合わせ!

寒い日が続き、空気も乾く冬の季節は、どうしても冷えと乾燥が気になります。
「万病のもと」と言われるように健康に悪影響を及ぼすほか、美容にも良くない冷え。 肌がカサカサになるだけでなく、防御機能が低下することで風邪やインフルエンザにもかかりやすくなる乾燥。この健康・美容の大敵である冷え&乾燥を、食事で改善できるってご存知でしたか?今回は、冷え&乾燥の予防と改善効果がグンとアップする、食材の食べ合わせについて、当社 商品開発スタッフ・山下よりご紹介します!

ビタミンE・Cと鉄分で冷えを予防!

冷えに効く成分を含む食材

冷えに負けない!ヘルシーレシピ

【小松菜のアーモンド和え】

●材料
小松菜200g、アーモンド20g
醤油大さじ1、砂糖大さじ1

●つくり方
①小松菜をゆでる。
②アーモンドを乾煎りして、すり鉢で細かくすりつぶす。
を加えて、小松菜と和える。

Pumpkin

冷えに効く成分を含む食材

乾燥にサヨナラ!ビタミンいっぱいレシピ

【かぼちゃのチーズ焼き】

●材料
かぼちゃ、パルメザンチーズ、オリーブオイル

●つくり方
①南瓜を薄くスライスし、電子レンジにかけて柔らかくする。
②南瓜の表面にオリーオイルをふりかけ、パルメザンチーズをたっぷりふりかけてトースターで焼く。

山下 優希

商品開発課 山下 優希

2008年、女子栄養大学卒業。管理栄養士の資格を取得。2008年、薬糧開発(株)入社。製造課に配属、セントラルキッチンで製造に従事。その後、生産管理課に配属され、レシピ管理を行いながら、管理栄養士監修商品の開発を行う。現在、ヘルシーバランス弁当などの開発に携わるなど、商品開発課の主任として活躍中。

ページトップヘ